エマエンタープライズ

Think Deeply 一つひとつの出逢いを大切に。本質を求めて、じっくり深く。

COMPANY

企業理念

企業理念

我々は、全従業員の物心両面の幸福と成長を追求し、
地域社会へ貢献していきます。

クライアントとともに、
沖縄のためになる企業になりたい。

目指すのは、企画力で沖縄のためになる会社。
そのためには当たり前だけど、まずクライアントの役に立つことです。
広告を提案するだけでなく、同じ気持ちで業績を見る、考える。
悪いときは落ち込むし、良いときはよかったと本気で思える。
そうやって仕事をしながら一緒に成長していきたい。
だから、クライアントのためになることなら何でも提案します。
これから沖縄の発展には、観光がとても重要になってきます。
アジア各国だけでなく、世界中から見ても
沖縄の観光地としてのポテンシャルは非常に高い。
この分野で力を発揮するのも私たちの使命のひとつです。
エマエンタープライズは
広告会社という枠にとらわれず、企画力でクライアントの役に立ち、
沖縄の発展を支える力になり続けたいと思います。

代表取締役社長・大城 祐建

エマとは

ExcellentMarketingAdvertising

1956年9月、沖縄に上陸した台風12号は、
多くの建物を破壊し、道を壊し、暴れ周って去っていきました。※
この台風により確かに甚大な被害を受けましたが、
ウチナーンチュの復興に対する熱意は、より美しい県土の再生に成功しました。
人々は、この台風に“エマ”と言う名前をつけて、深く記憶に刻みました。

自然界のスクラップ&ビルド。
復興というCreative work.

猛烈な風と、凄ましい豪雨をもたらす、台風。
たとえる事ができるならば、台風はありとあらゆる情報を
野放図に人々へと降り注ぐ、現代情報社会。

エマエンタープライズは、渦巻く情報から本質を深く見極め、
ユニークで革新的なコミュニケーション戦略へとクリエイティブしていきます。

単に、広告の制作、メディアバイングが、我々の仕事ではありません。
一つひとつの仕事を深く洞察し、美しくも切れ味鋭く、そして人々の心を揺り動かす
コミュニケーション&クリエイティブへと昇華させる。
これが、我々の希望であり、喜びです。

クライアントの数を闇雲に増やすことなく今、お付き合いしているお客様とじっくり深く。
エマエンタープライズは、理想とする仕事を追求し続けます。

※エマ台風はこのとき、最大瞬間風速73.6m、最大雨量380mm/hを記録。
 当時、沖縄県の建築条件は、これを上回る設計とするべしと変更しました。

エマ台風とは…

1956年9月3日に発生した台風エマは、同月7日夜から9日未明にかけて、沖縄本島で猛威を振るい多大な被害をもたらしました。最大瞬間風速は、後に分かった73.6m/s。これは当時の琉球気象台(現・沖縄気象台)で発足以来初の観測不可能に陥るほどの強風でした。また、それだけにとどまらず降水量も過去最高の380mm/hを記録。2日間止むことなく続いた風雨は小さな島国に大きなダメージを与えました。
被害は至る所に及び、大量の雨による浸水や氾濫が随所で発生。避難を強いられる人が多くいる中、交通機関も途絶え、電線の切断により外部との通信が遮断された住民は不安な夜を過ごしました。
そして9日朝、暴風警報が解除されて明らかになった被害状況は、死傷者多数。建物の倒壊は6800余り。被害をまともに受けた中南部では決壊した道路の上に折れた電柱や飛ばされた屋根が横たわり、農作物はほとんど全滅状態だったと言います。
変わり果てた島の姿に愕然としながらも、エマ台風が去った沖縄では長くつらい復旧作業が始まりました。例年に比べて台風の被害が多かったこの年は、災害対策費のほとんどを使い切っていたため、各地からの援助や多くの励ましが復旧の支えとなりました。政府は、住宅や食糧を失った人々に食糧の無料配布を行い、パトロールカーによる救助救護、配電の復旧など対処に全力を尽くしました。
また住民たちも沖縄を何とか本来のあるべき姿に戻したいという一心から立ち上がり、自分たちの手で復旧作業にあたりました。その結果、以前にも増して美しい姿を取り戻すことが出来たのです。
戦後最大といわれたエマ台風は沖縄に大きな爪痕を残しましたが、同時に支えてくれた人への感謝の気持ちや、復旧の原動力となった郷土を愛する想い、住民同士の強い絆など、人の素晴らしさを再認識させてくれた出来事でもありました。

会社概要

商 号

株式会社エマエンタープライズ

所在地

本社   沖縄県那覇市おもろまち1-5-26 TEL.098-868-9332
東京支店 東京都千代田区外神田6-5-8 TEL.03-5817-7392

役 員

代表取締役 大城 祐建
専務取締役 池田 篤弘
執行役員  黒川 宗裕

創 立

1988年10月25日

資本金

10,000,000円

従業員数

36名(2017年3月1日現在)

グループ会社 人材派遣会社 広告会社

事業メニュー

業務内容

  • コミュニケーション戦略、戦術のプランニング、及び、クリエイティブ
  • マーケティング&リサーチ、広告コンサルティング
  • 広告、PR、セールスプロモーション、WEBプロモーション、イベント
  • CI・VI、パッケージデザイン、映像コンテンツ
  • アニュアルレポート、統合レポート、株主通信、リーフレット 等の企画・制作

主な取扱媒体

[テ レ ビ] 沖縄テレビ・琉球放送・琉球朝日放送
[ラ ジ オ] FM沖縄・RBCiラジオ・ラジオ沖縄
[新  聞] 琉球新報・沖縄タイムス・週刊レキオ・週刊ほーむぷらざ・週刊タイムス住宅新聞・かふう・スポーツ紙
[交通広告] ゆいレール・バス・タクシー・那覇空港
[W E B] facebook・twitter・Youtube・リスティング広告

 他

クレド

エマでは、クレド(信条)を社員皆で共有し、実践できるよう日々働いています。

[ EMA ENTERPRISE CREDO ] 一部抜粋

  1. 1.いついかなる時も、正しきことは何かを考え、行動します。
  2. 2.「人間力」と「仕事力」。二つの調和と向上を仲間と一緒に目指します。
  3. 3.素直が一番、己を成長させます。何事においても素直な気持ちで行動します。
  4. 4.「心の栄養」「体の栄養」「仕事の栄養」。自ら与え、成長していきます。
  5. 5.常に明るく前向きに。プラス思考が、夢を実現します!
  6. 6.何事も己が主体となって、考え、行動。周囲と協調しながらリードします。
  7. 7.クリエイティビティ&オリジナリティ。気概と誇りを持って仕事をします。
  8. 8.「無理」と言う前に、どうすれば出来るのか、出来るようになるのか、考えます。
  9. 9.苦境こそが己を高める絶好のチャンス。逆境に負けずに、明るく挑戦。
  10. 10.人間の能力は無限大。何事にも前進、挑戦。現状維持は後退、退化を示します。
  11. 11.「お客様の依頼」と「課題の本質」を見極め、ビジネスパートナーとしての頼られる存在になります。
  12. 12.言われたことだけを行う業務処理ではなく、予想以上の成果、行動を常に意識します。
  13. 13.「早い!」と喜ばれる、先手先手の能動的行動を目指します。
  14. 14.「感じる広告」「売れる企画」「効く広告」。お客様に感動を提供します。
  15. 15.社会の発展や、人の心が豊かになる「仕事」を目指します。
  16. 16.協力会社や外部スタッフも仲間です。社内の同僚と変わらぬ思いで、お付き合い。
  17. 17.我々は社会に生かされています。感謝感謝で地域社会に恩返し。
  18. 18.自然を敬い、無駄を省き、物を大事に。地球への環境インパクトを最小限にします。

CSR

弊社が存在できているのは、周囲の方々や地域社会のお蔭です。
その感謝の意として、いくつかの活動に取り組んでいます。
これからも微力ですが、地域社会へお返ししていきたいと思います。

社会貢献事業

支援

  • 2014.3.3当社は、エンカレッジを支援しています。
  • 2009.08.31当社は、アジアチャイルドサポートを支援しています。

寄付・人・支援

RECRUIT

▼新卒採用に関して
新卒採用に関しては、「ジョーナビ新卒 2018」で募集を行っております。

▼中途採用について
下記、電話番号もしくはメールアドレスからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
098-868-9332
メールでのお問い合わせ
recruit@ema.co.jp

※ お問い合わせへの返信に数日がかかる場合がございますのでご了承ください。
担当 / 池田

CONTACT

お問い合わせ、お仕事の依頼やご相談などは、お気軽に下記からご連絡ください。

株式会社エマエンタープライズ

沖縄県那覇市おもろまち1-5-26
TEL : 098-868-9332

※ゆいレール那覇空港駅よりおもろまち駅下車 徒歩約9分。
※那覇空港より車で約25分、ゆいレールで約40分。
■社屋の目印は、建物外観の赤い渦巻きの看板です。
■駐車スペースは、社屋正面玄関の目の前のスペースとなります。

■ゆいレールおもろまち駅から徒歩でお越しの場合は、社屋近くの遊歩道が近道となります。

株式会社エマエンタープライズ(東京支店)

東京都千代田区外神田6-5-8
TEL.03-5817-7392

※東京メトロ銀座線末広町駅下車 徒歩約3分。

Pagetop